『若い仲間と代わります 福井鉄道200形 ―去りゆく老兵に贈る賛歌―』鉄道友の会 福井支部が刊行しました

2017.07.17

1960年(昭和35年)福井鉄道が導入した”新性能電車”200形

下記は鉄道友の会福井支部からのメッセージです。

昭和30年代に新性能電車を自社発注した地方私鉄は67社のうち14社に過ぎません。しかも50年以上経った今もなお線路上にある長寿車は200形を含め3社4車種のみのようです。これを機に200形登場時の時代背景を探り、50余年に及ぶ活躍のあとを振り返ることで、200形の名声を後世に伝えたく1冊の書を制作しました。

目次です。

さらに「本書は単なる回顧ではなく、写真や図面を豊富に挿入して新製のいきさつから後年の改造を経て廃車に至るまでを簡潔にまとめ、福井鉄道OBへの聞き取りをまとめたり、200形新製時のパンフを復刻掲載するなど、資料性に富む内容となっているのが特徴です。」

一般の書店には流通しないので、鉄道友の会福井支部のサイトから申し込んでください。(http://www6.plala.or.jp/jrcFukui/)首都圏の方は、お茶の水「書泉グランデ」で購入できます。

ここで内容を見ることができます。http://www6.plala.or.jp/jrcFukui/tachiyomi.pdf

著者:渡邊 誠、発行:鉄道友の会福井支部
A5版 126ページ定価1,836円(税込・送料別)、


LINEで送る

オススメ記事