津軽線今別駅、駅舎リフォーム完了……水洗トイレや待合室は8月1日から使用開始

2017.08.01

青森県東津軽郡今別町。青森から三厩湾へと行く津軽線の今別駅が装いを新たにし、8月1日から使用を開始しました。

駅舎は、両サイドから出入りできるエントランスと三角屋根で組む小さなつくり。アユ、ウグイ、イワナなどが釣れる今別川を背にし、国道280号今別バイパスやその周辺に広がる集落に向けて立っています。

1958(昭和33)年に開業し、1983(昭和58)年に無人化。ことし6月から待合室改修、外壁・屋根の塗装、駅舎内水洗トイレ新設などを施工。水洗トイレは今別町の事業として新設されました。

またこれにより、床面積は改修前の24.3平方メートルから、39.6平方メートルに拡大しました。


LINEで送る

オススメ記事