115系電車「台鉄自強号色」運行開始

2018.11.10

台湾鉄路管理局 友好協定締結記念

しなの鉄道は、台湾鉄路管理局と締結した「友好協定」による交流事業の一環として、しなの鉄道の115系電車1編成を、台湾鉄路管理局の車両「EMU100型電車」をイメージした塗色に変更し、2018年11月15日(木)から運行します。

塗色変更車両の運行は、2018年5月から開始した乗車券交流と、しなの鉄道線田中駅への「友好協定・田中駅姉妹駅提携記念駅名標」の設置に続く取り組みです。

2018年12月1日(土)には、信越線軽井沢駅〜上田駅間が開業130周年を迎えるのに合わせ、軽井沢駅と田中駅でイベントが開かれる他、「台鉄自強号色」を使用した臨時列車「信越線軽井沢〜田中開業130周年記念号」及び「台鉄・田中駅友好記念号」が、軽井沢駅〜上田駅間で特別運行される予定です。

《塗り替え車両》
しなの鉄道115系電車 S9編成

《台湾鉄路管理局 EMU100型電車》
1978年製造、2009年のダイヤ改正で定期営業運転から撤退しています。しなの鉄道が運行する115系と同時期に製造された車両であり、姉妹駅協定を締結した「田中駅」を通る列車として運用されていたことから、今回「EMU100型電車」をイメージした塗色を「115系電車」で再現しています。

《運用開始》
2018年11月15日(木)

TAGS


LINEで送る

オススメ記事