政府、インド鉄道整備などへの協力継続_石井国土交通大臣が年末渡印

2018.01.05

石井国土交通大臣は12月24~29日、スリランカとインドに出張。各国政府要人とインフラ・交通分野について政策協議した。

なかでもインドでは、鉄道整備についての協力を確認。

ピユーシュ・ゴヤル 鉄道・石炭大臣

高速鉄道と駅周辺開発の進捗にむけた課題について協議。
貨物専用鉄道(DFC)、在来線の安全対策などのインフラ・交通分野において、引き続き協力していくことで認識を共有。

ニティン・ガドカリ 道路交通・海運・水資源・河川開発・ガンジス川再生大臣

既設有料道路の管理・運営事業について、JOINの出資を活用した日本企業の参画を報告。
インドにおける道路分野のPPP事業や休憩施設整備、ITS事業、山岳道路などの道路分野について意見交換し、引き続き協力していくことで認識を共有。

ファドナヴィス マハーラーシュトラ州政府首相

日本企業の参画が決定したムンバイ湾横断道路の重要性、ムンバイメトロ3号線への協力、ムンバイ・アーメダバード間高速鉄道・貨物専用鉄道(DFC)の進捗にむけた課題について意見交換。
また、ムンバイ湾横断道路の建設事業について、州首相とともに、日本企業(インドL&T社と日本のIHIインフラシステム(IHIの100%子会社)とのJV)とムンバイ都市圏開発庁との契約調印の立ち会いを行った。


LINEで送る

オススメ記事