阪急京都線2019年1月19日初発よりダイヤ改正

2018.12.07

阪急京都線のダイヤ改正 2019年1月19日初発から

阪急電鉄が阪急京都線のダイヤ改正実施を発表。
実施は2019年1月19日初発から。
改正により、平日 朝・夕方の通勤・通学時間帯における混雑の緩和と利便性の向上を図る。

また、2019年3月には観光特急『京とれいん』の2編成目を導入する。

ダイヤ改正の主なポイント

平日 朝の通勤・通学時間帯
■7時台に梅田発河原町ゆき 快速急行 を1本増発するとともに、 通勤特急 2本を 快速急行 に変更することで、淡路に停車する列車の本数を増やして 快速急行 の混雑緩和を図る。
■8時台と10時台の通学時間帯に 普通 を増発し、沿線学生の利便性の向上を図る。
■6時台に河原町発梅田ゆき 快速急行 、河原町発天下茶屋ゆき 準急 を各1本増発。
■上り下りとも、(桂での待避をせず)河原町~長岡天神間の各駅に 準急・普通 を先着させることで、 通勤特急・快速急行 の混雑緩和を図る。

平日 昼間時間帯
■梅田を発車する 特急・準急・普通 の順序を変更することにより、梅田での列車の停車時間を長くして、ホームでの待ち時間を短縮。

平日 夕方の通勤・通学時間帯
■17時台から21時台の河原町発梅田ゆき 通勤特急 全列車を茨木市で 準急 梅田ゆきと接続させ、それにより河原町方面からご乗車のお客様の淡路における千里線・地下鉄堺筋線への乗り継ぎ利便性向上。

土休日
■梅田~河原町間で運行している観光特急『京とれいん』の2編成目を2019年3月に導入し、『京とれいん』を増発。

詳細は阪急電鉄のリリースで。

TAGS ダイヤ改正 阪急


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです