中央線穴山変電所で鉄道用超電導フライホイール蓄電システムを実証試験

2018.12.07

JR東日本と鉄道総合技術研究所は、中央本線穴山変電所 (山梨県韮崎市穴山町付近)で鉄道用超電導フライホイール蓄電システムの実証試験をはじめる。

実証試験は、2020年以降から。

<テクノロジー関連記事>

中央線 穴山変電所に鉄道用超電導フライホイール蓄電システムの実証試験設備を設置し、電車の回生電力を有効活用させての省エネルギー効果、システムの安定性・メンテナンス性を検証していく。

実証試験設備は、幅11m 奥行13m 高さ7mの建屋内に超電導フライホイールを設置。電車の回生電力を充放電させながらみていく。

TAGS JR東日本 テクノロジー


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです