~葉山女子旅きっぷの巻 その1~

2018.05.10

出典:http://www.keikyu.co.jp/information/otoku/index.html

京急電鉄が発売している「葉山女子旅きっぷ」を使い、めいちゃんと一緒に女子旅してきました!「葉山女子旅きっぷ」とは京急の電車&バス乗車券+ごはん券+お土産券が付いた、とてもお得に葉山旅を満喫できる切符なのです。果たしてどれくらいお得なのでしょうか。。。

出典:http://www.keikyu.co.jp/file.jsp?assets/pdf/information/otoku/otoku_hayamagirl/hayamagirl.pdf

ちなみに、逗子・葉山はこんな感じ!海と山に囲まれた自然と調和するオシャレな街です。

時刻は09:30。早速葉山へ出発!私たちは横浜駅から出発しましたが、京急線沿線の品川~三崎口の各駅どこからでも(泉岳寺駅、羽田空港国際線ターミナル駅、羽田空港国内線ターミナル駅、新逗子駅は除く)出発できます。出発駅により「葉山女子旅きっぷ」の値段が決められていて、横浜駅からだと2800円で購入できます。

 

途中下車することも可能ですが(ただし逆戻りは不可)、急行で一気に新逗子駅まで向かいます。横浜駅からだと乗車時間は約40分。どんな旅になるのか。。。

新逗子駅に到着しました!天気は快晴!!まさに女子旅日和です。「葉山女子旅きっぷ」のパンフレットを手にしている人もちらほら。。。早速、新逗子駅(南口)から京急バスに乗車し、まず向かったのは「葉山しおさい公園」。一色海岸で降車して目の前です。しかし、今日は休園日とのこと。。。出鼻をくじかれました(笑)月曜日と祝日の翌日は休みのようです。

残念ながら断念し、「神奈川県立近代美術館 葉山」に徒歩で向かいました。まだ午前中だったこともあり館内は比較的空いています。私たちが鑑賞したのは「抽象の悦び」というコレクション展。アートってなんだか難しいですよね。。。私たちが理解するにはまだ早かったようです(笑)

ゆったり鑑賞していたら、あっという間に12時に!お昼の時間ということで、ここで「選べる逗子・葉山ごはん券」を使用します。その名の通り、葉山にある19店舗の中から一店舗選び、そのお店が提供している「葉山女子旅きっぷ」用のメニューを頂けちゃいます。

三ヶ丘から再びバスに乗り森戸海岸で降車。私たちが向かったのは1910年創業の葉山の老舗レストラン、「菊水亭」です。こちらで頂けるメニューは「釜揚げシラスと季節の食材(この時期は新玉ねぎでした)のスパゲッティ&スープ&ワンドリンク(アルコール可)」お昼からアルコールを頂けるとはありがたいですよね~。

 

私はみかんのワイン(写真右)、めいちゃんはビールを頂きました。めいさん、飲みっぷりがいい!!アルコールが飲めるのは電車で来た人の特権ですよね。ちなみにこのメニュー、通常のお値段だと1500円程度。これがきっぷの料金に含まれているとはお得ですよね。

さて、腹ごしらえを終え、徒歩で近くにあった森戸神社へ。古くから縁結びのご神徳としても有名で、女性に大人気の場所なんです。私たちもしっかりお参りを。こちらの見どころは神社だけでなく、奥へ進むとかながわ景勝50選にも選ばれた「森戸の夕照」が眺められるスポットが。ここからは江ノ島や富士山も望むことができます。この日は霧がかっていたため、富士山は見えません。。。

森戸神社からボーっと海を眺めていると15時に。大変、おやつの時間!!というわけで、森戸神社から再びバスに乗車し新逗子駅(南口)を経由、長柄交差点で降車し少し歩いたところにオシャレなカフェが。かねてから私たちが行ってみたかったところ「ひなたカフェ」です。こちらはかき氷が有名なお店で、このかき氷を食べに遠くからもお客様がいらっしゃるそう。(入口が分かりにくいので要注意(笑))

私が頼んだのはミルクティーのかき氷。めいちゃんはティラミスのかき氷です。とっても大きい!まさにインスタ映えですね。ちなみに+150円で天然氷にも変更できます。もちろん天然氷の方を頂きました氷がふわふわで舌触りがとても滑らか。

店内にはこんなに可愛いワンちゃんも!トイプードルとゴールデンレトリバーのミックス犬、ゴールデンプードルという犬種らしいです。こちらもふわふわでたまらなく可愛いです。

その2に続く。。。果たしてどれだけお得だったのでしょうか??(記事は明日公開します)

 

「しゃべ鉄気分!」でも葉山女子旅きっぷの裏話をたっぷりお届けしております!!こちらの動画も是非見てね♡


LINEで送る

オススメ記事