京急電鉄 全16駅長が集結!!「京急開業120周年記念式典」

2019.01.21

本日、京急電鉄開業120周年を祝う記念式典が実施されました。

 

京浜急行電鉄株式会社は、2018年2月25日(日)の創立120周年に続き、2019年1月21日(月)に開業120周年を迎えます。式典は、初大師の日(その年の最初の弘法大師の縁日)にわずか2kmで開業した、開業路線である大師線の出発点、京急川崎駅にて行われました。

 

京急電鉄の原田社長は「今後の120年に向けての新たな出発点」となるように更なる発展を祈念されます。

 

また、京急電鉄の創立者である立川勇次郎氏のひ孫・立川元彦氏や、同じく立川勇次郎氏によって創られた養老線を運営する養老鉄道株式会社から原恭社長も出席し、京急電鉄開業120周年を祝福しました。

 

記念モニュメント「0キロポスト」の除幕も行われ、120年間の「歩み」を残すべく開業路線である大師線の起点に設置されました。モニュメントには開業当時の写真や、現在運航中の特別ラッピング列車「京急120年の歩み号」のイラストが施されています。

 

また、本日より京急電鉄6071編成、養老鉄道D02編成がデザインされた記念ヘッドマークも掲出され、両鉄道のこれまでの軌跡を祝します。

イベント列車や観光事業など、ユニークな企画を打ち出す京急電鉄。更なる発展が楽しみですね。

 

鉄道チャンネルMC:柏原美紀


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです