モノレール浜松町駅でスマホ予約の荷物預かりを実施

2019.03.20

ecboは、JR東日本スタートアップと東京モノレールと協力し、3月18日(月)から3月31日(日)の期間、モノレール浜松町駅構内にてecbo cloakを導入し、荷物の預かりを実施します。

東京モノレール沿線では、スーツケースなどの大型荷物を持って乗車する訪日外国人が多く、コインロッカーをはじめ荷物を預けられる場所が不足していることや、豊富な観光資源が沿線・周辺に散在しているにも関わらず、海外への情報発信が不足していることなどから、訪日外国人の観光地周遊に大きな制約が生じていました。

こうした課題の解決策を探るべく、ecboは、JR東日本スタートアップと東京モノレールが展開する「東京モノレール沿線の観光促進につながるサービスを提供し、旅マエと旅ナカの訪日外国人を対象とした観光を促す実証実験」に協力します。

ecboは、2017年11月よりJR東日本の東京駅構内4箇所、2018年12月より池袋駅構内1箇所と品川駅構内2箇所、今年3月より上野駅構内1箇所にて荷物預かりサービスecbo cloakを導入し「多言語対応」「事前予約で並ばずに預け入れ可能」「複数日預かり可能」といった特徴で、着実に利用が増加、実績を積んでいます。

モノレール浜松町駅構内2階の「旅行センター」跡地にて荷物の預かりを実施することにより、モノレール浜松町駅の遊休テナントを活用し、東京モノレール沿線の「手ぶら観光」推進をはじめ、近隣施設への集客に貢献します。

※モノレール浜松町駅2階

実証実験期間:2019年3月18日(月)~2019年3月31日(日)
導入開始日:2019年3月18日(月)
荷物の預かり可能時間:8:00~20:00
預かり料金:荷物サイズに関わらず一律 800円 / 日・個(税込)
当日予約:可能
複数日予約:可能(最大予約可能日数10日)
荷物の預かり可能個数:50個(需要に応じて変更の可能性あり)

○実証実験 概要
観光促進サービス提供場所:
・ecbo cloak : モノレール浜松町駅構内(2階)の旅行センター跡地
・WAmazing : 羽田空港のお土産屋等3店舗、浜松町の飲食店2店舗、東京タワー

観光促進サービス提供内容:
・ecbo cloak:荷物預かりサービス
・WAmazing:羽田空港・浜松町の店舗(会計時5%割引、ノベルティプレゼント、トッピング無料等)、東京タワー(メインデッキ(150m)展望料金割引)

実証実験のフロー

物預かりシェアリングサービス「ecbo cloak」とは

「ecbo cloak」は「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐシェアリングサービスです。アプリからの事前予約で、カフェ・美容室・郵便局・駅構内など、多種多様なスペースに荷物を預けることができます。

現在、導入店舗数は1000以上。全国の主要な都市で展開しています。観光客による旅先での利用だけでなく、イベント参加時や日常生活における買い物、その他様々なシーンで利用できます。コインロッカーに入らない、大型の荷物(ベビーカー、スポーツ用品、楽器など)も預かります。

ecbo cloakアプリ

iOS版
Android版


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです