千葉県柏市の住宅街にある標準軌、わずか333mの線路【写真】

2019.04.13

直線の先で遠慮なくパツンと切れてたり、車止めが枕木だったり、急カーブなのにカントがついてなかったり……。なんかわかんないけど、すっごくいい雰囲気。近くのコンビニで缶ビール買って、線路に座ってぷふぁーってやりたい―――。

千葉県柏市。

ここは東京大学 生産技術研究所 千葉実験所。

常磐自動車道 柏インターチェンジでおりてすぐ。電車で行くならつくばエクスプレス 柏の葉キャンパス駅から歩いて40分。路線バスでも行ける。

この東大 千葉実験所には、わずか333メートルの線路が敷かれている。線路幅は標準軌。

線路は直線と急カーブで結ばれたL字を描く。片方の端は枕木が置かれたシンプルな車止め。

踏切もあって、急カーブのむこうには実験棟のなかに線路が入っていく。その実験棟側には分岐器もある。

実験棟のなかをのぞき見すると、東京メトロ銀座線で活躍していた01系がいる。

平坦な軌道かと思うとそうでもないみたい。実験棟へむけてやや上り勾配がある。

―――春のやさしい風が、標準軌のうえをさらさらと。「独立回転車輪」などの研究・実験が行われているこの線路の上を歩いていると、夢をみてるような気分にも……。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです