話題の京急「みさきまぐろきっぷ」でどれだけ満喫できる? ~その4~

2019.04.20

その3(https://tetsudo-ch.com/6495582.html)に続き。。

おやつの時間だしお腹が空いてきた。。ということで、スイーツ娘の私には欠かせないスイーツを探しに行きました。

辿り着いたのがドーナツ屋さん「ミサキドーナツ」。逗子や鎌倉にも支店がある、地元の人だけでなく観光客にも人気のお店です。

 

ふわもちっとした食感がたまらない!個性的で見た目も可愛らしいドーナツが約20種類揃います。毎日通い詰めて全制覇したいぐらいです。。

 

実は、こちらでも「みさきまぐろきっぷ」のC.三浦・三崎おもひで券が利用でき、お好きなドリンクとドーナツ、オリジナルグッズ(トートバッグ or ポーチ)と交換できます。「ミサキドーナツ」トレードマークの猫ちゃんがとってもキュート!

 

ドーナツは1つ200円前後で購入できるので、「みさきまぐろきっぷ」を使ってしまった後にお茶する場所としても最適ですよね。

 

お腹が満たされた後は歩いてバス停「三崎港」まで向かいます。停留所の近くには「うらりマルシェ さかな館」が。時間が無くて行けませんでしたが、こちらでもC.三浦・三崎おもひで券が利用できます。地魚や三崎まぐろの加工品、三浦野菜まで、まさにご当地グルメを凝縮した食の宝庫。お土産を購入するにはぴったりの場所ですね。

 

「三崎港」から「三崎口駅」へ戻り、待ちに待った京急オープントップバスに乗車します。

 

「京急オープントップバス」とは京浜急行バスが運行している観光バス。片道コース(30分)と周遊コース(60分)があり、三浦・三崎周辺を巡ります。京急電鉄の車両「2100形」をモチーフにしたという京急バス。前面に描かれたけいきゅんが愛くるしいですね。。

 

1階のシートは2100形のクロスシートと同じ座席モケットが使用されるなど、随所に京急電鉄らしさが。鉄道好きも楽しめる車内です。

 

2階は開放感溢れる座席に。少し高いところから三浦半島を観光できるので景色も最高!

 

バスガイドさんが乗車し、いざ出発!笑いを交えながらも、へぇ〜と驚くような観光案内をして頂けます。

 

この日は天気も良かったので周遊日和でした。三浦半島の美しい海を眺め、風を感じながら観光できる京急オープントップバスはおすすめです。

 

最近までは「みさきまぐろきっぷ」のC.三浦・三崎おもひで券でしか利用できませんでしたが、現金払い(大人 1,000円)でも乗車可能になりました。地元の方々も一緒に楽しめますね!

 

ちなみに、この日は運転手さんの引退日。ラストランに乗車でき、感慨深かったです。。最高の運転をありがとうございます!お疲れ様でした!!

 

たくさんの魅力が詰まった三浦半島。美しい海と人情溢れる三浦の人たちに癒されました。

「みさきまぐろきっぷ」はB.まぐろまんぷく券C.三浦・三崎おもひで券でも元が取れてしまう程お得なフリーきっぷです。今年の連休は「みさきまぐろきっぷ」を使って癒されに行きませんか?

 

鉄道チャンネルMC:柏原美紀

「まぐろきっぷ」の詳細はこちらから
https://www.keikyu.co.jp/information/otoku/otoku_maguro/

TAGS きっぷ 柏原美紀 京急


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです