国産初の連接バス、ドライバー異常時ボタンから緊急停止までの5秒【動画】

2019.05.30

いすゞと日野が共同で開発した、国産初ハイブリッド連節バス。

この連節バスに搭載されているドライバー異常時対応システム「EDSS」(Emergency Driving Stop System)をジェイ・バス宇都宮工場で体験。

EDSSボタンが押されると、「緊急停止、おつかまりください」と車内に自動音声アナウンス。

ボタンが押された直後、ゆるいブレーキが3.2秒かかり、クラクションが鳴り、ハザードランプとLEDブレーキランプが点灯する。

この3.2秒は、立ってる客が緊急停止するまでに身構える時間。そのあと、大きめのブレーキが作動する。

TAGS テクノロジー 動画 バス ビジネス クルマ モビリティ


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです