JR西日本、京都駅構内でWi-Fiパケットセンサー流動調査

2018.09.26

JR西日本は、Wi-Fiパケットセンサーによる利用者数や滞留時間などの観測調査を実施する。

調査期間は9月28日から12月下旬ごろまで。

おもな調査目的は、京都駅構内のユーザー利用状況の把握。安全性、快適性の向上など。

調査は、京都駅構内に約30機の観測機を設置。観測機の設置箇所周辺には、ステッカー(例:下の画像)を貼って利用者に知らせる。

観測方法は、利用者が持つスマートフォンやゲーム機、パソコンなどが発するWi-Fi信号(パケット)を受信。

信号に含まれる端末識別情報(MACアドレス)には匿名化・暗号化処理を行い、個人が特定できない情報に変換して計測・収集する。

この識別情報を含む信号には、通信内容や名前、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は一切含まれない。

記録されたデータから個人が特定されることはない。また通信内容を傍受するものではない。

観測された原データは、第三者へ提供せず、数学的・統計的に処理する。

TAGS JR西日本 京都 テクノロジー


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです