美容医療 ヒアルロン酸注入治療のトレンドは? 高須クリニックのあの人に聞く!

2019.07.05

「最近、頬や目の下に影が出てるなー」「ほうれい線が目立ってきたなー」「フェイスラインがぼやけてきたなー」「小じわが増えてきたなー」

そう感じたとき、ヒアルロン酸注入治療という選択があるよね。

このヒアルロン酸注入治療って、いまどんな人が受けていて、どういった変化があるのか―――。

その最新トレンドを、美容医療の最前線に立つあの先生に聞いた。

高須クリニック 名古屋栄院 院長 高須英津子先生だ。高須英津子先生は、東京・大手町で7月3日に開かれた「最新美容医療に関する発表会」(ガルデルマ主催)に登壇。

「ヒアルロン酸治療が女性を変える」をテーマに、20~50代の女性たちで満席となった会場で、その最新事情を教えてくれた。

まず、ヒアルロン酸注入治療とは?

まずはヒアルロン酸とは、から。

「ヒアルロン酸は、もともと自分の体内に持っている潤い成分で、年齢とともに減ってくる成分です。このヒアルロン酸を、ボリュームを増やすように外から注射で入れていく治療が、ヒアルロン酸注入治療です」

「その最大のメリットは、ヒアルロン酸がもともと体内にあるものだから、注入治療後、ゆっくりと吸収して分解されるという点で、安全性が保たれていることです。ヒアルロン酸は、扱いやすい製剤といわれています」(高須英津子先生)

ヒアルロン酸注入治療のポイントは?

「ヒアルロン酸注入治療のポイントは、30代後半から40代始めのころ、『ちょっとやせてきたな』と感じたころからヒアルロン酸注入治療をスタートしてあげると、少ない量でナチュラルな自分に戻れます」

「フェイスラインなどが大きく下がってしまう前に、『あっ、わたしちょっと若いころと違ってきたな』という時点で治療を受ければ、ナチュラルな自分に戻れます」

「治療費はヒアルロン酸の使用量に比例しますので、このタイミングであれば、それほど費用もかからずに、戻れるかなと思います」(高須英津子先生)

自分に自信がつくとすべてが前向きに、変わる

で、ヒアルロン酸注入治療を受けた人たちはみんなどう変わるか。

「『気持ちが前向きになった』とよろこんでいます。『彼氏がみつかった』『結婚できました』『自分に自身が持てた』『仕事の成績もアップした』『鏡をみるのが楽しくなってきた』といった声も多くいただきますね」

「ただヒアルロン酸を注入するのではなく、『ナチュラルな自分』をデザインしていきながら、笑ったときとのバランスをとりながら、立体的に戻れるように治療してあげることがポイントですね」(高須英津子先生)

―――皮膚科領域に特化した製薬会社 ガルデルマ が調査したデータによると、ヒアルロン酸注入治療を「受けてみたい」という人が526万人(全体の11.1%)もいるということで、「市場は7倍に拡大する可能性がある」と予想している。

アメリカやヨーロッパなどでは、ポピュラーな存在のヒアルロン酸注入治療。高須英津子先生は講演の最後に、女性たちにこう伝えていた。

「自分に自信がつくと、すべてが前向きになれると思うので、美容医療をぜひ上手に使ってもらいたいですね」

(写真は左からガルデルマ 杉野公基本部長、高須クリニック 高須英津子先生、ガルデルマ 東智徳 代表取締役)

<関連記事>
「人に優しい気持ちで接するようになった」ヒアルロン酸注入治療のトレンドをガルデルマが調査、普及拡大の予感
https://tetsudo-ch.com/8653373.html

こちらの記事もオススメです