引退車両「箱根登山鉄道 107号」が生まれ変わってカフェに!『えれんなごっそ CAFÉ 107』が本日オープン

2019.09.08

カフェのシンボル「箱根登山鉄道 107号」

鈴廣蒲鉾本店は、箱根登山鉄道より譲り受けた引退車両「箱根登山鉄道 モハ1形 107号」を鈴廣かまぼこの里内に設置。新たな施設「えれんなごっそ CAFÉ 107」の一部として改装し、本日グランドオープンしました。

えれんなごっそ CAFÉ 107

「えれんなごっそ CAFÉ 107」では、店舗とテラス、そして今年7月に引退した「箱根登山鉄道 107号」内でかまぼこ店ならではの特製メニューを頂いるカフェです。

グランドオープンに伴い、オープニングセレモニーも開催されました。

鈴廣蒲鉾本店社長の 鈴木博晶 氏

鈴廣蒲鉾本店の鈴木社長は、「子供の頃から思い出のある列車であり、乗車された多くの方の色々な思いが染み込んでいる車両だ。今後は色々な方に楽しみを与えたり思いを馳せながら何かエネルギーを与えてくれるのではないか。」と述べられました。

箱根登山鉄道社長の 府川光夫 氏

また、箱根登山鉄道の府川社長も「新しい嫁ぎ先が見つかって良かった。冷房のない車両だったが、冷房が入ったカフェとなり第二の人生を送ることができる。」と喜ばれていました。

調印式
握手を交わす鈴木社長と府川社長
テープカット

式典では調印式やテープカットが行われ、「えれんなごっそ CAFÉ 107」のグランドオープンを祝います。

箱根登山鉄道 107号
検査表記
運転席
車両番号

「箱根登山鉄道 モハ1形 107号」は大正8年にチキ1形として登場。走行時に独特な唸り音を上げる旧式の「ツリカケ駆動方式」が用いられる箱根登山鉄道最後の車両となり、大変貴重な存在として鉄道愛好家などを中心に注目されています。

実際に使用されていた線路を譲り受け設置

本物の線路の上に設置されているので、現役で走行していた頃の姿が蘇りますね。

箱根寄木細工をモチーフとしたシート柄

シートは2009年より採用された、箱根の伝統工芸である箱根寄木細工をモチーフにデザインされた柄。細やかで美しい模様が見事に再現されています。

店内から見える走行中の箱根登山電車

車内のカフェも素敵ですが、店内からも走行中の車両を眺めることができるのでおすすめです。

カフェメニュー
登山電車ケーキ

カフェメニューには、「箱根登山電車 107号」にちなんだ登山電車ケーキやかまぼこ店ならではのアレンジメニューなど種類も豊富。

かまぼこピンチョス
豊富なラインナップ

かまぼこに季節の素材が乗ったかまぼこピンチョスは107種類用意され、ビールとの相性も抜群です。

箱根登山電車グッズ
103-107(サンナナ)グッズ
箱根の地ビール

箱根登山鉄道オリジナルグッズや地ビール、地産の果実を使ったドリンクなど、箱根ゆかりの商品も多数販売されています。

車内でくつろぐ柏原

「えれんなごっそ CAFÉ 107」は箱根登山鉄道「風祭駅」から徒歩2分。生まれ変わった107号で、車両に刻まれた歴史を感じながらくつろいでみてはいかがでしょうか?

(記事:柏原美紀、写真:神森沙織)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです