ことしの目玉は京成 新型3100形 展示!? 都営地下鉄 馬込車両検修場 11/16一般公開

2019.10.22

北は京成線、南は京急線と相互直通する都営地下鉄、浅草線。

この浅草線の車両基地、東京都交通局 馬込車両検修場で11月16日、一般公開イベント「都営フェスタ2019 in 浅草線」が開催される。

そのプログラムの目玉のひとつが、車両撮影会。ことしは浅草線5300形・5500形、大江戸線12-000形のほか、浅草線と相互直通運転する京急や京成のくるまが並ぶ。この京成や京急のくるまについて東京都交通局は具体的な形式を伝えていない。

京成は現在、10月26日から営業運転につく新型車両3100形の試運転を重ねている。

京成に久々の新形式ということで、この3100形が 都営フェスタ2019 in 浅草線 に展示されるか。

また会場では、都営浅草線の新型車両5500形の洗浄線体験や、5500形運転台見学も実施。この2つのプログラムは、はがきによる事前申込制。希望者は下記リンクの応募要項をチェック。締め切りは11月1日当日消印有効。

https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/subway/2019/sub_p_201910178823_h.html

都営フェスタ2019 in 浅草線 の開催時間は10時~14時。最終入場は13時30分。馬込車両検修場の所在地は、東京都大田区南馬込6-38-1。

<京成3100形 関連記事>
https://tetsudo-ch.com/9810363.html
https://tetsudo-ch.com/9817143.html

写真 記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです