相模湖畔の丘の上、山間の遊園地がキラキラ! 関東三大イルミ「さがみ湖イルミリオン」が大進化、空中を飛べる歩ける映える!

2019.11.17

電車やバスで1時間ちょっと、相模湖畔の丘の上にある遊園地―――さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト。

このさがみ湖リゾート プレジャーフォレストの冬の風物詩、関東三大イルミネーションのひとつ「さがみ湖イルミリオン」がことしも始まった。

さがみ湖イルミリオンといえば、山の傾斜地にいろいろ張り巡らされたイルミネーション。

全長250メートルのリフトに乗れば、虹の上を空中散歩してる気分の虹色じゅうたんや、山頂に登れば観覧車へと続く道に点在するインスタ映えスポットなどいろいろ。

ことしは上空15メートルから600万球のイルミネーションを見下ろせる「光の熱気球」も登場! 各地の冬イルミにはない、山間にある遊園地ならではの唯一無二のイルミを楽しんで。

それから、上にある動画は、ことし2019年さがみ湖イルミリオンに登場したドローンから空撮した映像。このキラッキライルミをみたら、もう行きたくなっちゃうでしょ!

―――そして下のフォトアルバムのなかには、ことしの さがみ湖イルミリオン だけにある「3つのこだわり」も記してるから、最後までチェックしてみて!

<さがみ湖イルミリオン>
https://www.sagamiko-resort.jp/illumillion/

ことし2019年のさがみ湖イルミリオン「3つのこだわり」

◆その1! 光と音楽の街

従来のLEDイルミネーションと音の連動に加え、2019年は、炎、ドローン、レーザー、サーチライトを組み合わせた、世界にも例のない大規模複合ライティングショーを導入。最新技術による空に浮かぶ新イルミネーションと、全方位を取り囲む大規模演出空間ショーを楽しんで。

◆その2! 光の架け橋

2019年さがみ湖イルミリオンに「光の架け橋」が初登場! これまで長い階段で結ばれていた駐車場とエントランスの間に、光のエレベーターとブリッジを新たに設置。

エレベーターに乗って最上階に着くと、地上から最大20mの高さに浮かぶ空中回廊を通って入園。7色に輝く連続ゲートで結ばれた回廊(ブリッジ)で、入園前からイルミの世界観を体感して。

◆その3! 全エリアフルリニューアルと日本初のナイトウォークアトラクション

この夏に登場した空中アスレチック「ハッスルスパイダー」や、昨年夏に出現した「パディントンタウン」、そしてさがみ湖イルミリオンの「光の花畑」「光の海」などなど、すべてのエリアをフルリニューアル!

山頂エリアには、「光のボール」を持ちながら歩ける日本初「ナイトウォークアトラクション」も登場! グループやカップルで初体験できる持って歩くイルミ「ナイトウォークアトラクション」は12月に開業するっていうから、こちらも公式アナウンスを、チェーーーーーック!

ドローン映像:富士急行
写真 記事:tokyochips編集部

こちらの記事もオススメです