JR西日本と南都銀行が連携、奈良県の地域経済活性化めざす

2018.10.01

JR西日本と南都銀行は、地方創生に関する連携協定を締結。奈良県の地域発展と地域経済活性化を推進させる。

今回の協定は、JR西日本と南都銀行がそれぞれ持つ知的・人的資源を有効活用。相互に幅広く連携・協力していく。

おもな連携内容は、奈良県への観光客誘致にむけた活動、同県の地域資源を活用した特産品などの販売活動、同県の歴史的資源・建築物を活用した観光振興・地域活性化、駅周辺を中心とした魅力あるまちづくり、鉄道の利用促進を通じた地域活性化、地方創生に関する相互事業などの連携。

協定期間は9月28日~2021年3月31日。以後、1年ごとに自動更新していく。


LINEで送る

オススメ記事