東芝インフラシステムズの回生電力貯蔵装置が海外初進出、バングラデシュ ダッカ都市高速鉄道に納入

2020.03.12

東芝インフラシステムズは、回生電力貯蔵装置(Traction Energy Storage System:TESS)をバングラデシュ ダッカ都市高速鉄道(MRT)6号線に2020年後半から納入する。

インドの大手EPC(Engineering、Procurement、Construction)事業者 ラーセン&トゥブロ社(Larsen & Toubro Limited) から8セット(2MW×7、500kW×1)を受注した。

同社のTESSは、列車ブレーキ時に発生する回生電力を蓄電池に充電。列車が加速するための電力として再利用する。

従来は使われていなかった回生電力を有効活用することができる鉄道むけ地上設備。

また、停電などで列車が駅間やトンネル内に停止した場合の非常走行用電源や、変電所の代替であるバッテリーポストとしての活用など多様な用途がある。

蓄電池には、同社が開発した長寿命のリチウムイオン二次電池「SCiB」を採用。

同社TESSはこれまで、国内在来線、地下鉄、モノレール、路面電車むけに多くの納入実績がある。今回のバングラデシュ ダッカ都市高速鉄道むけ納入は、同社初の海外向け案件に。

SCiB の持つ長寿命性や安全性、さらにはその性能を最大限引き出す制御方式としてTESSが評価されたかたち。

バングラデシュの首都ダッカは、経済成長を背景に人口が1500万人以上にまで増加。慢性的な交通渋滞と大気汚染が深刻化し、社会経済の発展が阻害されている。

MRT6号線は、こうした課題を解決するバングラデシュ初の都市鉄道のひとつ。ダッカ市内を全線高架で南北につなぎ、全長約20km、16駅で構成。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです