京王線新宿駅改札内に広告用LEDビジョン「新宿K-DGキングウォール」設置 横幅約15mの2面展開 6/1から

2020.04.27

 

京王電鉄は京王線新宿駅の改札内上部にLED仕様のデジタルサイネージ(通称「新宿K-DGキングウォール」)を設置し、6月1日(月)から広告放映を開始します。

「新宿K-DGキングウォール」は京王線新宿駅の改札内上部西口改札側に1面、百貨店口改札側に1面の合計2面に設置。横幅15m×高さ約1.5mは新宿駅最大級の大きさであるほか、高画質なメディア放映も可能な画素ピッチ4mmを採用しています。

既存のデジタルサイネージ「新宿K-DGピリエ」や新宿X階段のシート貼り広告を組み合わせた発信も可能となり、1日に平均約80万人(※)が利用する京王線新宿駅でより大規模でジャック感のある広告展開が行えるようになります。

掲出料は1週間2面一括で200万円(税抜)、放映時間は毎日4:30~25:00。

※2018年度 1日平均乗降人数797,378人から。

鉄道チャンネル編集部
画像:京王電鉄


LINEで送る

オススメ記事