阪神武庫川線から消える赤胴車さよならグッズを5/1からネット限定販売

2020.04.30

兵庫県西宮市。武庫川沿いに走るたった4駅の盲腸線、阪神武庫川線。

この沿線で地元にとけこむクリーム色と朱色の武庫川線専用「赤胴車」7890形 7990形 7861形 7961形がことし5月末に運行を終了するのにあわせ、5月1日から赤胴車記念グッズをネット限定で発売する。

赤胴車は、1958~1959年に急行用として製造された3301形・3501形の外装が、上部がクリーム色、下部がバーミリオン(朱色)に塗り分けられていたことから、当時の人気マンガキャラクター 赤胴鈴之助にちなんで名付けられた愛称。

その後の7861形・7890形などの配色にも採用され、阪神電車の伝統カラーに。

赤胴車は一時期、阪神本線でも走っていた。現在は武庫川線4編成のみ。この4編成も5月末で運行を終了。新しいデザインのくるまが担う。

ネット限定販売の武庫川線「最後の赤胴車」記念グッズが、これ↓↓↓

(1)ありがとう赤胴車クリアファイル 400円
さまざまな角度から撮影した赤胴車の写真をたっぷり詰め込んだクリアファイル。赤胴車と青胴車が交差する瞬間をとらえた写真もポイント!

(2)走る!赤胴車ペン 700円
赤胴車が武庫川線を走るようすを表した商品。中の電車が動き、走らせて楽しんで。

(3)赤胴車 赤革キーホルダー 700円
社章と車番、走行年数を革に刻んだアイテム。赤胴車の車体の側面車番に似せて、赤色の革に白箔押ししてこだわりを。

(4)赤胴車 方向幕定規 800円
武庫川線のワンマン車両独特の方向幕をデザインした定規。裏面にも車体の側面図などが描かれ、両面楽しめる。

――― 数量限定・売り切れ次第終了。購入は、鉄道甲子園オンラインショップ↓↓↓

http://www.tetsudokoshien-shop.com


LINEで送る

オススメ記事