東海道新幹線は、5月11日から、のぞみ の運転本数を1時間あたり3本程度に減便して運行する。

このうち、山陽新幹線に直通する のぞみ は1時間あたり1~2本程度で運転。

山陽新幹線から先へ続く九州新幹線も減便し、山陽・九州新幹線でも全体の7割の本数で走らせる。

ADVERTISEMENT

また東海道・山陽新幹線の ひかり こだま は、引き続きすべての定期列車を運転させ、1時間あたり ひかり 2本、こだま 2~3本に。

(資料:JR東海)