2020年ローレル賞はJR四国「2700系」!

2020.06.05

JR四国の特急形気動車「2700系」が2020年ローレル賞を受賞した。

ブルーリボン賞・ローレル賞は鉄道友の会が毎年1回、前年中に営業運転に就いた車両の中から選定するもので、会員の投票結果に基づき選考委員会が審議して決定する。最優秀と認めた車両には「ブルーリボン賞」が、優秀と認めた車両には「ローレル賞」が贈られる。今年は西武鉄道の001系Laviewが同社としては50年ぶりにブルーリボン賞を受賞、そしてJR四国の2700系気動車がローレル賞を受賞した。

2700系は世界初の振子式気動車2000系の置き換えを目的に開発された車両で、山間部・曲線の多い厳しい線形にも対応するため、引き続き制御付き自然振子式システムが採用されている。

2019年8月から高徳線の特急「うずしお」に、9月から特急「南風」「しまんと」「あしずり」にといった具合に順次投入されている。今夏はアンパンマン列車20周年記念事業の目玉の一つとして、土讃線2700系アンパンマン列車として2000系の後を継ぐ予定だ。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです