観光列車「おれんじ食堂」7月31日運行開始 肥薩おれんじ鉄道

2020.06.10

おれんじ食堂夕景 写真:肥薩おれんじ鉄道

肥薩おれんじ鉄道は2020(令和2)年7月31日(金)より(※)、車窓に広がる東シナ海の美しい風景を見ながら豪華な料理を楽しめる人気観光列車「おれんじ食堂」の運行を再開する。

再開にあたり本来であれば通常1便あたり43名までのところ、向かい合わせになる席を未使用とするなどして販売席数を1号車14席、2号車10席とおおむね半数程度にとどめ、乗客同士の十分な空間を確保する。

同社は感染防止対策としてマニュアルを作成し、取り組みを徹底していく。具体的な対策として、換気のため停車駅ごとに乗降扉を開放し、車両内では1両につき3か所の換気扇を使用することで約5分で車内の空気を入れ替える。客室乗務員はマスク着用のうえ手指消毒を徹底し、車内のテーブル・椅子などはアルコール消毒を行う。手指消毒用のアルコールは沿線の主要駅にも設置するという。

鉄道チャンネル編集部

※正確な運休期間は7月27日(月)まで。7月28日(火)~30日(木)は団体貸切日及び定期運休日。


LINEで送る

オススメ記事