阪急神戸線開通100周年 記念ヘッドマーク掲出とグッズ販売を実施

2020.07.02

記念ヘッドマーク

阪急電鉄は2020年7月16日に阪急神戸線が開通100周年を迎えることから、神戸本線および伊丹線で運行する一部の列車にヘッドマークを掲出し、記念グッズの通信販売を実施する。

ヘッドマークの掲出は7月10日(金)~9月30日(水)まで。神戸本線2編成、伊丹線1編成の3編成に順次掲出する。阪急神戸線開通100周年グッズも7月10日(金)10時から、WEB通販サイト「鉄道甲子園オンラインショップ」で発売を開始する。

販売グッズ一覧

阪急神戸線は1920(大正9)年7月16日、阪神間の中心部を結ぶ本格的な都市間路線を目指し、梅田-神戸(上筒井)間および伊丹線(塚口-伊丹)で開通。当時の沿線はまだ民家も少なく田園が広がっていたことから、『綺麗で早うて。ガラアキで 眺めの素敵によい涼しい電車』というキャッチフレーズを掲げた新聞広告が話題となった。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです