有楽町~新橋間の煉瓦アーチ 高架下空間に『日比谷OKUROJI』9月開業 大人な雰囲気の商業空間

2020.08.24

「日比谷OKUROJI」外観イメージ

100年以上の歴史を刻む有楽町駅~新橋駅間の煉瓦アーチ高架橋、そして東海道線・東海道新幹線の高架橋が一体となって生まれる高架下スペースに、2020年9月10日(木)11時、新たな商業空間が誕生する。

その名も「日比谷OKUROJI」――物販・食物販14店舗、飲食16店舗が入居し、通な大人たちが何かを探し求めたくなるようなワクワク感、深いこだわり、100年の歴史が潜む穴場的スペースとなる。開発規模は約7,200平米。

「日比谷OKUROJI」内観イメージ

東京初出店となる「WHISKY HOUSE MADURO」や「炭焼 うな富士」、新潟こだわりのお酒、食をセレクトした「NIIGATA 1〇〇」など、気になるお店が並ぶ。

本来は2020年6月下旬オープン予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止の対応にともない開業を延期していた。なお、2020年度冬頃までにさらに6店舗が開業を予定している。

所在地

鉄道チャンネル編集部
画像:JR東日本


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです