東武 500系を3編成新造、車内に荷物置き場も新設 2020年度鉄道事業 設備投資計画は総額219億円

2020.08.25

東武鉄道は2020年度鉄道事業において、総額219億円の設備投資を行う。

特急車両500系については3編成を新造。東京メトロ日比谷線直通用の70090型は2編成新造し、20400型は4編成を改造する(日光線 南栗橋駅以北・宇都宮線運用車両)。

特急車両への荷物置き場の設置も進める。2020年度は、特急車両100系(2編成)、500系(6編成)に新設する予定だ。

画像:東武鉄道リリースより

2020年度に東武スカイツリーライン 北越谷駅、宇都宮線 南宇都宮駅、東上線 朝霞駅、川越駅、鶴ケ島駅の駅舎をリニューアル。また東武スカイツリーライン 西新井駅、新田駅、日光線 南栗橋駅、東上線 和光市駅、小川町駅についてはトイレをリニューアルする。

駅施設のバリアフリー化も進む。同社は1日の利用者数が3,000人以上の駅のうち「公共交通移動等円滑化基準」に適合しない駅について、関係自治体と協議しながら整備を進めてきた。2020年度末には、段差解消については対象駅129駅、多機能トイレについては対象駅128駅の整備が完了する見込みだ。

高架下空間の活用などによる都市の活性化や発展への寄与を目的とした鉄道の立体化も進む。現在は沿線4か所において工事中(竹ノ塚駅付近、とうきょうスカイツリー駅付近、清水公園~梅里間、春日部駅付近)。また東上線 大山駅付近においては自治体と事業化に向けた協議を進める。

竹ノ塚駅付近の工事状況(左) とうきょうスカイツリー駅付近の工事状況(右) 画像:東武鉄道

その他にもホームドアの整備や車内防犯カメラ設置、踏切の安全性向上、自然災害への備えとしての高架橋の耐震補強工事や法面改修工事などを進めていく。

「楽しめる鉄道」へ目を向けると、日光・鬼怒川エリアの沿線活性化を推進するためのSL増備の動きが目立つ。同社は年間を通してSLを運行するために2機運用体制を整えただけでなく、10月からはSL大樹「ふたら」として、東武日光駅へも月1回程度の乗り入れを実施する。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです