「ノイズキャンセル機能が秀逸」YouTuberや音楽プロデューサも認める「HUAWEI FreeBuds Pro」の実力

2020.11.22

「実際に耳につけてみて、長時間つけていてもストレスなくつけていられる。3段階で設定できるノイズキャンセリング機能がいいですね」

「自分の世界に没頭したいときはノイズキャンセリングを強めにしたり。カフェとかで作業するときは、ノイズキャンセリングを少し弱めにしたり」

「それから、スマートフォンとノートPCをリンクさせると、通話着信・発信と音楽をすばやく切り替えられる。ストレスなく切り替えられる点がうれしいですね」

――― これが、業界最高クラス ノイズキャンセリングを搭載した完全ワイヤレスイヤフォン『HUAWEI FreeBuds Pro』を使ってみたモデルNANAMIのインプレッション。

FreeBudsシリーズの最上位モデルというポジションの HUAWEI FreeBuds Pro は、開放型でありながらアクティブノイズキャンセリングを搭載した最新完全ワイヤレスイヤフォン。

アクティブノイズキャンセリングはリアルタイムでシーンを認識し、ノイズキャンセリングを最適化するシーン別アクティブノイズキャンセリングを搭載。

NANAMI が伝える通り、デュアルデバイス同時接続に対応し、スマートフォンやパソコン、タブレット、スマートウォッチなどに同時に2つまで接続できる。

このデュアルデバイス同時接続で、「スマートフォンで音楽を聞きながら仕事、PCでオンライン会議に出席する」といった“テレワーク技”も実現。

音質は、11mmウルトラダイナミックドライバーと自動イコライザー最適化機能で、迫力ある低音と、パワフルでダイナミックな音を実現。キーボーディスト・プロデューサー Kan Sano(佐野 観)も「低音がしっかり出てる点もすごい。電車や飛行機などで移動中、音に集中したいときにノイズキャンセル機能がすごくいい」とコメントしていた。

―――「働く場所を選ばなくなったいま、HUAWEI FreeBuds Pro は心強い味方」。そんな HUAWEI FreeBuds Pro はシルバーフロスト、カーボンブラック、セラミックホワイトの3色を用意。市場想定価格は2万2800円。詳細スペックは↓↓↓動画をチェック。

こちらの記事もオススメです