南海電鉄の改札機で「Visaのタッチ決済」「QRコード」利用の実証実験 2021年春から

2020.12.24

南海電鉄株式会社、三井住友カード株式会社、QUADRAC株式会社、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社は、南海電鉄の一部の駅で「Visaのタッチ決済」と「QRコード」による入出場の実証実験を行う。駅の改札でVisaのタッチ決済による入出場を可能とするのは国内初。

実証実験で提供するサービスは「都度利用」「事前購入」の2種類。

「都度利用」ではVisaのタッチ決済機能のあるクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードを、入出場時に改札機にかざすことで改札通過と運賃精算を行う。乗車区間の運賃は、普段使いのVisaカードによりその都度決済する。

「事前購入」ではQRコードを使用。南海電鉄が提供するアプリまたは販売サイトで企画乗車券を事前に購入し、スマートフォンに表示されたQRコードを入出場時に改札機へかざす。

都度利用(上)、事前購入(下)イメージ
改札機イメージ

実験の狙いとしては「鉄道利用客の利便性向上」「ウィズ/アフターコロナにおける非接触決済を活用した新たな生活様式への対応」「企画乗車券のデジタル化」などが挙げられる。タッチ決済は現在、従来のインバウンド消費やキャッシュレス・消費者還元事業、コロナ禍における新しい生活様式などを追い風として普及しつつある。

実験実施期間は2021年春から2021年末前。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです