東海道新幹線の駅名標が折りたたみ傘に 国鉄青20号ベースにした色合いは普段使いにも最適

2021.01.12

画像:東海キヨスク

東海キヨスク株式会社は1月9日(土)、「ポケフラット 東海道新幹線駅名標傘」の先行発売を開始した。

駅名標モチーフの傘ケースに、新幹線をイメージしたオリジナルデザインの傘が入る。傘の仕様は収納時の厚さ約2.5cm、重さ約170gの超薄型で、カバンの中にもコンパクトに収まる。普段使いや出張・旅行時に最適だ。UVカット率は90%で、日傘としても使用できる。

画像:東海キヨスク

傘本体のカラーリングは国鉄青20号をベースとしており、ネームバンドはJR東海カラー。デザインは東京~新大阪間の全17駅分あり、旅行のお土産や地元愛のPRにも使えるという。

販売価格は各1,650円で、東海道新幹線停車駅の「ベルマートキヨスク」「グランドキヨスク」「ギフトキヨスク」で販売。基本的には店舗の所在駅に対応した駅名標の商品のみ扱うが、「ベルマートキヨスク丸の内中央ビル店」「ベルマートキヨスクJRゲートタワー店」では全17商品を販売。また、新富士駅の駅名標デザイン商品は、上記2店舗と富士駅・三島駅の一部店舗でも販売する(※新富士駅には東海キヨスクの店舗はない)。

通常発売日は2021年1月20日(水)。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです