東海道新幹線 N700S 新型車両 が入る列車がわかる化、3月から1日9往復

2021.01.24

東海道新幹線は、3月13日~6月30日の間、新型車両 N700S で運転する列車がわかるようにダイヤ設定した。

運転区間は東京~新大阪。名古屋止まり・名古屋発が1日各1本ある。

下り東京→新大阪は、こだま3本、ひかり1本、のぞみ5本。上り新大阪→東京は、こだま3本、ひかり2本、のぞみ3本。

また下り列車は、東京を朝7時33分に出た N700Sひかり633号を、その27分後の8時ちょうどに出るN700Sのぞみ207号が追いかけ、京都・新大阪では3分差に。

時刻表をみると、新大阪や名古屋でN700Sが並ぶ姿もあるかも。

3月13日~6月30日、N700Sで運転する列車は、東京発・新大阪発で、次のとおり。

下り 東京→新大阪

◆こだま703 東京 6:57発

◆ひかり633 東京 7:33発

◆のぞみ207 東京 8:00発

◆のぞみ213 東京 9:00発

◆こだま727 東京 12:57発

◆こだま733 東京 14:27発(名古屋行き)

◆のぞみ247 東京 17:39発

◆のぞみ253 東京 19:00発

◆のぞみ257 東京 20:00発

上り 新大阪→東京

◆のぞみ204 新大阪 6:15発

◆のぞみ210 新大阪 7:39発

◆ひかり648 新大阪 11:18発

◆こだま724 新大阪 11:54発

◆のぞみ236 新大阪 16:15発

◆のぞみ242 新大阪 17:15発

◆こだま748 新大阪 17:54発

◆こだま754 名古屋 20:38発

◆ひかり668 新大阪 20:45発


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです