乗車券をデジタル化する地域交通むけモビリティプラットフォーム「RYDE PASS」提供開始、豊橋鉄道が先手

2021.02.23

RYDE(東京都渋谷区恵比寿南)は、鉄道、バス、路面電車、旅客船などのさまざまな乗車券を、かんたんかつ持続可能にデジタル化できるモビリティプラットフォーム「RYDE PASS」を2月22日から正式リリースした。

RYDE PASS は現在、豊橋鉄道とその他複数の地域で、同サービスを通じた乗車券の販売と利用を実現。

RYDE PASS の使い方はシンプル。まず地図上から対象地域を選び、その地域で使える乗車券を選択し購入。購入したチケットの「利用開始ボタン」を押し、乗務員に動画のチケット画面を見せるだけで、交通機関を利用できる。

今後はQRコード認証やもぎり形式など、さまざまな券種を実装していくという。

RYDE PASS で実現できること

RYDE PASS を用いた乗車券のデジタル化は、システム開発が不要。初期費用や保守費用が一切かからない点が特長。

画像と文章があれば、誰でもかんたんに、ノーコードでデジタルチケットが作成できる。

「乗車券をデジタル化しただけでは、当然新しい売上にはつながらない。RYDE PASS はデジタル化したからこそ実現できる顧客分析やマーケティング活動など、新しい売上につながる可能性を持った、新たな一歩を踏み出せる環境を提供していく」(RYDE)

乗車券+食事、土産物、体験など企画商品も

また RYDE PASS は、乗車券のみならず、乗車券+食事、土産物、体験といった企画商品の販売にも近日中に対応予定。

その先に GOTOトラベルや複数の交通事業者や自治体で連携したキャンペーン施策を実践できるよう順次アップデートしていくという。

「事業の大小、地域の大小に関係なく、全国の全交通事業者・全自治体が、持続可能なかたちでDXを実現でき、デジタル化を通じて二次交通をもっとわかりやすくもっとかんたんにすることで、日本を地域から強く・元気にしていく」

「そして二次交通の分野においても、一次交通のように世界で最も素晴らしい移動体験を日本の各地で実現できることをめざしサービスを展開していく」(RYDE)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです