お花見の穴場、千葉モノレールで行く萩台車両基地さんぽ

2021.03.14

東京・埼玉・神奈川・千葉、1都3県の緊急事態宣言が3月21日に解かれると報道されるなか、3密を避けて桜のお花見と鉄道ウォッチ散歩ができる穴場スポットを。


競技場内を通り抜け、謎の専用軌道!?
千葉モノレールのミステリアス区間
https://tetsudo-ch.com/9898794.html

今回は、千葉モノレール2号線に乗って、スポーツセンター駅へ。

スポーツセンター駅から、スタジアムや陸上競技場のなかを駆け抜ける「世界最長懸垂式モノレール」の軌道下を、次の駅、動物公園駅へむけて歩く。

途中、動物公園駅手前にある専用軌道のような深い森のなかを歩きながら、葭川(よしかわ)沿いを歩く。

動物公園駅の先で、2号線から右へカーブして分岐する軌道がみえてくる。これが、千葉モノレール萩台車両基地へと続く連絡軌道(出入庫線)。

この出入庫線に沿うように、葭川と両岸を行く遊歩道がある。この遊歩道に、桜の木が植えられている。

さらに遊歩道を歩くと、上空を出入庫線が左から右手へと渡り、その先に萩台車両基地がある。軌道が描く曲線美、造形美も美しい。

2層構造の留置線がみえて、その先に、上空から地上に降りた保存車両や廃車車両がみえたりする。

この葭川沿いの遊歩道も、人通りが少なく、3密を避けながらゆっくり歩ける。桜がぽつぽつとつぼみをつけはじめたから、花が咲き始めたら千葉モノレールに乗って、車庫さんぽ、試してみて。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです