宇都宮線・日光線に「E131系」2022年春頃から営業運転開始

2021.06.17

宇都宮線・日光線用E131系イメージ

JR東日本は2021年6月17日、宇都宮線・日光線にE131系を投入すると発表した。

同日発表のあった相模線のE131系や、すでに営業運転を行っている房総・鹿島エリアのE131系とは一部仕様や外観等が異なり、2M1Tの3両編成を15本、計45両新造する。投入線区は下図の通りで、2022年春頃からの営業運転開始を予定している。

投入線区は宇都宮線(小山~黒磯駅間)・日光線(宇都宮~日光駅間)

車両外観のデザインは日光らしいレトロ調に。側面の帯は「宇都宮市で復元された火焔太鼓の山車」をイメージした黄色と茶色の2色配置とし、世界遺産日光の社寺に施される文様にも通じる、賑やかで高級感のあるデザインとした。また座席はロングシートのみで、これは本日発表された相模線のE131系と同じ。

鉄道チャンネル編集部
(画像:JR東日本)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです