JR西の新型「DEC700形」8月中旬から性能確認試験実施

2021.07.28

JR西日本は2021年8月中旬より、同社管内で新型電気式気動車「DEC700形」の各種性能確認試験を実施する。

「DEC700形」はさらなる安全性・安定性・快適性の向上と電車・気動車のシステム共通化によるメンテナンス技術の向上と効率化を図り、また次世代車両への転換に向けた各種技術的検証を実施することを目的に導入された車両。

性能確認試験では、新しいシステムを採用する際の技術的検証及び車両性能調整を行うための「基本性能試験」、走行線区における地上設備との適合確認を行うための「全線走行試験」を実施する。

<基本性能試験>
・勾配における起動性能の確認
・加減速度の確認
・新規の車体形状における走行抵抗の確認

<全線走行試験>
・走行安全性、乗り心地の確認
・走行時に台車にかかる応力の確認

性能確認試験は今年度末まで、またバッテリーの搭載によるハイブリッド方式についての各種検証試験も次年度以降に実施する予定という。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです