東武、公式ファンクラブを9月開設 走行動画配信やオンラインツアーなどで気軽に「鉄分補給」を

2021.08.31

スマートフォン用壁紙カレンダー(3タイプ)イメージ

東武鉄道は2021年9月1日10時から、月額会員制のオンラインサロン「東武鉄道公式ファンクラブ」を開設する。

コロナ禍により鉄道イベントや団体ツアーの催行中止・規模縮小が相次ぐなか、気軽に「鉄分補給」ができる場をオンライン上に設け、ファンとの交流を図る。

ファンクラブ会員向けの特典として、東武鉄道のイベントに関する情報配信や各路線で活躍する車両の走行動画配信、スマートフォン用壁紙カレンダーの配布を定期的に行う。

ファンクラブでは人気のイベントや団体ツアーの先行予約ができるほか、鉄道グッズの先行販売や鉄道ライブ配信、SL機関庫など普段は入れない同社施設をオンライン上で見学するツアーも企画する。一部、追加料金の必要な有料コンテンツもあるという。

会員費は月額1,100円(税込)で、詳細はDMMオンラインサロン「東武鉄道公式ファンクラブ」のページに記載。第1期(2021年9月1日~2022年3月31日)の募集人数に制限はない。

鉄道チャンネル編集部
(画像:東武鉄道)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです