Suica、鍵になる……交通系ICで入退室認証『Suica スマートロック』2021年冬提供開始

2021.08.30

「Suicaスマートロック」利用イメージ

JR東日本、JR東日本メカトロニクス、アートは、「Suica」など交通系ICカードを入退室の鍵として利用できる『Suicaスマートロック』を2021年冬から提供する。

「スマートロック」はカード、スマートフォンなどで玄関ドアや門扉などの施錠・開錠を行うシステム。鍵を使わずに開閉できる、入退室記録が確認できる、既存の扉への施工が容易でローコストで導入できるといったメリットから、近年利用が拡大している。

『Suica スマートロック』はアートが提供するクラウド対応の入退室管理システム「ALLIGATE」とJRメカトロニクスが提供する各種IDを連携するシステム「ID-PORT」を接続し、「Suica」や「モバイルSuica」のID番号で入退室認証を実現。JR東日本提供の「Suica 認証情報提供サービス」を活用し、SuicaのIDの安全な管理にも配慮した仕組みを実現することでJR東日本公認のサービスとして利用できるようになった。

「Suica」を鍵とすることで、管理側でのカード発行は不要となり、管理コストも軽減できる。導入施設としてはオフィス、ホテル、マンション、商業・スポーツなどの各種複合施設、研修センター、駐車場、ロッカーなどを想定しているという。

鉄道チャンネル編集部
(画像:JR東日本メカトロニクス、アート)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです