日本初 観光列車乗り継ぎワーケーション、しなの鉄道やえちごトキめき鉄道で秋の信越路を愛でながら仕事

2021.09.08

観光列車を乗り継ぎながら、秋ベストシーズンの信越路を行くワーケーション―――。

ふろしきや、信州千曲観光局、しなの鉄道、えちごトキめき鉄道は、「信越トレインワーケーション」を開催。

しなの鉄道 ろくもん・えちごトキめき鉄道 雪月花 を乗り継ぎ、ハイグレードな宿と食事を楽しむ2泊3日のパッケージプラン。

観光列車の平日運行、平日のホテル客室有効利用といった遊休資源を活用したワーケーションを提供することから、長野と新潟の宿、食事、温泉、それぞれの魅力をゆったり堪能できる豪華プランに。

実施日は、10月13〜15日。募集人数は20名。参加料金は2泊3日で12万5,000円(税込、期間中の交通費・食事代・宿泊費込)。「信越トレインワーケーションご紹介&申込」公式サイトから申し込む。応募が多い場合は抽選。

また、初日のしなの鉄道 ろくもん 乗車人数に余裕があることから、ろくもん のみの乗車も10名募集。参加料金は1万2,000円(税込、軽食・コーヒー込)。

信越トレインワーケーションの特長

・日本初、観光列車乗り継ぎワーケーション

・仕事の時間を確保しながら、長野と新潟の秋のベストシーズンを全身で体感

・季節を感じる豪華食事付き(列車でのモーニング軽食(ろくもん)、ウェルカムシャンパン/フレンチ(雪月花))

・海と山の幸あり旅館のディナ―・信州そば・信州ヴィーガン弁当など

・合わせて開湯300年を超える妙高高原・赤倉温泉と千曲市・戸倉上山田温泉で源泉100%のお湯比べ

・宿坊体験、瞑想体験など心身をリフレッシュするコンテンツも充実

信越トレインワーケーション スケジュール

今回の信越トレインワーケーションは、「遊休資産となっている旅館や観光列車を生かし、よりよいワーケーション体験を提供することによって参加者に地域の魅力をアピールできる」とふろしきや。

「外出を控える機会が多い世の中だからこそ、安全性を高めた上で業界を活性化する一助になるため今回の企画が生まれた」という。

画像:ふろしきや
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです