集え全国の鉄道好き高校生 第10回「全国高校生地方鉄道交流会」は富士山麓で11月開催 Zoom参加も可

2021.10.02

(一社)全国高校生地方鉄道交流会は、今年で10回目となる「全国高校生地方鉄道交流会」(以下、地鉄交流会)を2021年11月23日に開催する。

地方創生の企画提案や写真の技術を競う地鉄交流会は、毎年夏に開催される、いわば鉄道版のインターハイ。提案された企画はこれまでに何度も実際の鉄道活性化策として実現しており、写真部門では優秀作が各地のPR媒体に採用されている。

昨年はコロナ禍で初のリモート開催となったが、今年は開催時期を11月にずらし、富士急行(山梨県)の協力のもと、富士急行線を舞台とするリアル開催とZoom利用のリモート開催を組み合わせる。

今年のテーマは「SDGsを切り口にコロナ禍を乗り切る」――大人でもハードルの高いテーマを中高生がどのように料理するか、注目が集まる。

最優秀校には副賞として富士急行線のヘッドマークデザイン権が授与される。写真部門は優秀作品に富士急行線の1編成ジャックが副賞。また入賞者には硬券を模した賞状を授与する。

募集要項は全国高校生地方鉄道交流会ホームページに掲載されている。参加申込締切は2021年10月18日。

画像:富士急行株式会社
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/

<鉄道チャンネル 関連記事>
鉄道好きの中高生集う 第9回全国高校生地方鉄道交流会初のリモート開催 最優秀賞に奈良女子大附属中
https://tetsudo-ch.com/10664886.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです