略称つながりで東西の「い鉄」が連携、まずは両社のグッズ販売から

2021.11.12

千葉県の房総半島をゆく「いすみ鉄道」、岡山県の総社と広島県の神辺を結ぶ「井原鉄道」――

東日本と西日本のふたつの「い鉄」が連携事業を開始した。会社略称つながりで、地方鉄道の楽しさやワクワク感を全国へ発信していくという。

連携事業第1弾として、まずはお互いの会社の鉄道グッズの取り扱いを開始。

いすみ鉄道は、井原鉄道の「夢やすらぎ、アート列車」の絵葉書やチョロQなどを大原駅で販売。

井原鉄道は、いすみ鉄道のキハ28・キハ52のピンバッジやキーホルダーなどを井原駅で販売。

販売開始日は「い鉄」にちなんだ1並びの「11月11日」からとした。

両社は今後も「い鉄」連携鉄印など、連携事業の展開を予定しているという。

画像:いすみ鉄道、井原鉄道
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです