「相鉄21000系デビュー記念入場券」11/27販売開始 大和駅では「補充回数券」の販売会も

2021.11.16

相鉄・東急直通線用新型車両「21000系」(東急線内は目黒線直通用)
「相鉄21000系デビュー記念入場券」(イメージ)

相鉄は2021年11月27日から「相鉄21000系デビュー記念入場券」を発売する。

2022年度下期開業予定の相鉄・東急直通線用として、2018年にデビューした20000系に続き、2021年9月に21000系が新たにデビューしたことを記念したもの。

横浜駅、星川駅、西谷駅、二俣川駅、大和駅、海老名駅(販売はかしわ台駅)、いずみ野駅、湘南台駅の記念入場券1セットとし、上記8駅と通信販売で扱う。券面の色は車体と同じネイビーブルー。価格は1セット1,200円で、限定2,500セット用意した。

入場券の専用台紙は三つ折りのデザインで、21000系の運転台に座っているように感じられる写真を三面に配置した。

また相鉄線大和駅では同駅駅長企画として、11月27日の10時から14時まで「補充回数券」の販売会も開催する。

次ページ「相鉄21000系デビュー記念入場券」券面イメージ(画像)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです