山形新幹線「つばさ」が2022年春から「全車指定席」に 特急料金の改定も

2021.11.16

JR東日本仙台支社と秋田支社は2021年11月16日、山形新幹線「つばさ」の全列車を全車指定席として運転すると発表した。2022年春から実施する。

自由席車両は最繁忙期を中心に混雑が著しく、「自由席に座るために長時間並ぶ不便さ」「始発駅に近い方が座れるという不公平感」「当日まで席の確保が不確実」などが課題となっていた。

本年6月の「えきねっと」リニューアルにより、指定席予約サービスが拡充されたことを機に変更に踏み切ったかたちだ。

なお、全車指定席化に伴い「つばさ定期券」など一部の商品で利用条件や価格の改定が行われる。山形~新庄間「つばさ171号」の普通車自由席専用「つばさモーニング特急券」は発売を終了する。

2022年春には山形新幹線「つばさ」と秋田新幹線「こまち」の特急料金も改定する。詳細はJR東日本Webサイトに掲載。

画像:JR東日本
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです