JR東海「315系」は2022年3月5日運転開始 在来線の新たな通勤型電車が中央本線に

2021.11.17

「315系車両」エクステリア
「315系車両」インテリア

JR東海の新たな在来線通勤型電車「315系」は、2022年3月5日(土)より運転を開始する。

投入区間は中央本線 名古屋駅~中津川駅間。同区間の車両は2023年度中に315系に統一される(特急車両を除く)。国鉄から継承した211系8両は2022年3月中に引退し、同社の保有する車両は全てJR東海発足後に新製されたものになる。

315系は211系比で電力消費量を35%軽減したエコ車両。客室灯と標識灯には長寿命かつ省電力のLED灯を採用した。またATS-PTなどの主要機器の2重系化(片方が故障した時も健全時同様の走行が可能)・台車等の振動検知装置により信頼性を向上させた。

さらに2022年夏以降、非常走行用蓄電装置を順次搭載する。これにより停電時なども最寄り駅までの走行も可能になる。

車内設備に関しては、バリアフリー設備の充実・セキュリティの強化・冷房機能の向上・座り心地の向上をうたう。

画像:JR東海
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです