クリスマスに「SLやまぐち号」満喫のモニターツアー 煙を出すD51-200の運行準備見学も JR西×日旅共同企画第2弾

2021.11.17

D51コンプレッサー(イメージ)

JR西日本と日本旅行は2021年11月17日、SLやまぐち号を満喫するモニターツアーを実施すると発表した。安全安定輸送に取り組む鉄道事業の様々な場面を紹介し、鉄道の魅力を伝える取り組みの一環として行われる。

ツアー名は「D51-200 運行準備見学とSL クリスマス号の旅モニターツアー」で、12月24日・25日の1泊2日で組まれる。24日には新大阪駅から下関総合車両所新山口支所に向かい、翌日の運行準備を行う蒸気機関車「D51」を見学。その後新山口駅か湯田温泉駅付近で宿泊し、翌25日には新山口駅を10時50分に出発する「SLクリスマス号」に乗車、津和野駅到着後に解散となる。

SL検修庫内で蒸気機関車「D51」を間近に見学できるのが魅力で、翌日の運行に備え煙を出している様子や、運転台内部へ入っての撮影も可能。投炭体験、12歳以下を対象とした汽笛吹鳴体験も用意する。

また「DLやまぐち号」をけん引するディーゼル機関車「DD51」も撮影・見学できる。鉄道に詳しくない方でも、JR西日本社員の解説付きで楽しめる。

「DD51」の見学も可

基本料金は大人26,500円、小人22,000円。2021年11月19日(金)15時より、「日本旅行 大阪法人営業統括部」ホームページ上で発売。「日本旅行大阪法人営業統括部鉄道・バス企画デスク」専用のツアー予約サイトでも申込を受け付ける。全国の旅行会社実店舗等では扱わない。

画像:JR西日本
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです