近鉄も自動改札機にQRコードリーダー設置へ 2022年春からお得なデジタル乗車券を発売

2021.12.01

近鉄は自動改札機にQRコードリーダーを設置し、2022年春よりクレジット決済で購入できるデジタル乗車券の発売を開始する。

最初に発売するのは、近鉄名古屋駅から伊勢志摩方面の観光地などを周遊できるデジタル乗車券だ。QRコードリーダーは出発駅となる近鉄名古屋駅、伊勢志摩エリアの伊勢市駅、宇治山田駅、五十鈴川駅、鳥羽駅、鵜方駅、賢島駅(合計7駅)の自動改札機に設置する。

利用者は事前に同社販売サイトでデジタル乗車券を購入し、スマートフォンの画面に表示したQRコードを各駅の改札機にかざして乗降する。専用アプリのダウンロードは不要だ。

近鉄は今後、利用できる駅を順次拡大し、デジタル乗車券の種類も増やす。将来的には今回構築した販売システムを拡大し、旅行会社などのプラットフォームとの連携も視野に入れており、販売チャネルの拡大、キャッシュレス化の推進、業務効率化、コスト削減、次世代型シームレスサービスの実現などを目指すとしている。

画像:近鉄
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです