小田急ロマンスカー「VSE」2022年春に定期運行終了

2021.12.17

小田急電鉄は2022年3月12日にダイヤ改正を実施し、「モーニングウェイ号」の増発や運転本数の見直しなどを行う。これにあわせ、特急ロマンスカー・VSE(50000形)の定期運行を2022年3月11日(金)に終了する。

ロマンスカー・VSEは箱根観光専用特急として2005年3月に就役。シルキーホワイトの洗練された外観や”Vault”に形容される広々とした室内、展望席や大型窓からのダイナミックな風景などで人気を博した。2005年度グッドデザイン賞、2006年度鉄道友の会ブルーリボン賞などを受賞している。

約17年間にわたり2編成で延べ600万キロ超を走行し、乗車人数は約2,000万人にのぼる。定期運行終了の理由について、小田急電鉄は「車両の経年劣化」「主要機器の更新が困難になる見込み」と伝える。定期運行終了後は臨時ダイヤによるイベント列車などで運行を継続したのち、2023年秋頃に引退するという。

同社は引退を機に「ありがとうVSE!~Special Thanks & Forever~」と題した特別企画を実施。2022年1月29日より記念装飾を車体に掲出するほか、定期運行終了記念乗車券を新宿駅など4駅で発売する(限定10.000セット、事前予約制)。

先頭部に掲出する記念装飾(イメージ)
車体側面に掲出する記念装飾(イメージ)

その他にも特別サイトの開設や特別ツアーの開催、利用者からのVSEエピソード募集企画など、ラストランへ向けて「楽しみながら記憶残していただけるような企画を多数検討」するという。

画像:小田急電鉄


LINEで送る

オススメ記事