「人生初の一人暮らしは学生寮」の意外とトレンド、学生会館ドーミーが2/10無料オンライン報告会を開催

2022.02.06

学生寮っていうと、「古くて汚い」「先輩後輩の厳しいルールがある」「いろいろ自由がない」といったイメージがある。でも、それはもう過去の話。

いまは完全個室でプライバシーが確保されているうえに、毎日手づくりのご飯がおいしい。カフェのような教養スペースがある、人気スパ施設のような大浴場やサウナもある、仲間がいて楽しい、勉強に集中できる、思ってたより自由……という学生寮が全国各地に広がっている。

そんな“イマドキの学生寮”のなかでも、ビジネスホテルやリゾートホテルなどを手がける共立メンテナンスの「学生会館ドーミー」。利用者数年間約2万人、提携学校法人約1300校、国内に311棟を展開する人気学生寮ブランドのひとつ。

まずできたておいしいごはんを毎日食べられるのがいい

学生会館ドーミーは、管理栄養士が考案する朝食・夕食メニューが、日曜祝日などの定休日を除き毎日出てくる。

季節の素材、旬の食材も体感でき、生活リズムを崩すことなく、おいしい食事を楽しめる。

完全個室、必要な家財はほぼそろってるのもうれしい

部屋は完全個室でプライバシーが保たれてるうえに、必要な家財はほぼデフォルトでついているのもうれしい。

エアコン、インターネットWi-Fi、洗面化粧台も完備しているから、すぐにひとり暮らしや学びに集中できる。

キッチン、大浴場&サウナ、カフェのような共用スペースも

学生会館ドーミーには、まるでホテルにあるような大浴場やサウナやジムを完備するところもある。

もちろん男性・女性をしっかり分け、居室は男性フロアと女性フロアとフロアごとに分け、各フロアへと連絡するドアにはデジタルキーなどでセキュリティを確保しているから、安心。そしてもうひとつの心強い仕組みが↓↓↓

学生会館ドーミーならでは、RAという存在

そして、学生会館ドーミーにだけある特長ともいえるのが、大学寮文化が根付いているアメリカなどでは一般的なRA(レジデント・アシスタント)というリーダーの存在。

RAは、学生寮に入ってくる人たちの相談に乗ったり、イベントを企画したりと、日々の生活を支える役割を担う人。

学生同士が刺激しあい、コミュニケーションを創出する「学びと育成の場」を目指した学生会館ドーミーの取り組みのひとつ。現在では約120名のRAが、さまざまなドーミーで活動している。

2月10日13:00~15:00無料オンライン活動報告会を開催!

そんな学生会館ドーミーは、「第7回RA(レジデント・アシスタント)活動報告会」をオンライン(無料)で2月10日13:00~15:00に開催。

第一部では、withコロナ2年目となる2021年のRAの活動内容や、寮運営の最新事例を代表寮である3寮のRAがプレゼン。

第二部では、29寮のRAが4つのオンライン会場に分かれ、テーマ別ショートセッションを。withコロナ時代に即した寮独自の「コロナ対策」や「SNSを活用した発信の工夫」、さらには「SDGs」などのテーマをもとに学生目線で取り組みを発表する。

第三部では、RA制度の導入当初からRAを担ってきた学生によるトークセッション。視聴者やRA仲間から寄せられる質問にも答え、自身の7年間の活動を振り返る。

「これから学生寮を探したい」「これから一人暮らしを始めたい」という人は、このオンラインイベントに参加して、新生活イメージを深めてみて↓↓↓
https://dormy-ac.com/ra2022/