肥薩線、鉄道で復旧する場合は約235億円 JR九州が概算復旧費発表

2022.03.24

球磨川第1橋りょうの様子(2021年4月撮影)

JR九州は2022年3月23日(水)、令和2年7月豪雨により被災した肥薩線の概算復旧費を発表した。

現時点で得られた情報を元に算出した結果、鉄道で復旧する場合は約235億円かかる見込み。

概算復旧費の算出にあたり、球磨川を渡河する球磨川第1橋りょう、第二球磨川橋りょうについては、昨年12月に変更された「河川整備基本方針」に基づく計画高水位を参考に橋りょうの復旧高さを設定した。その他の一般区間は災害前と同じ路線高での復旧とした。

概算復旧費算出イメージ:球磨川第1橋りょう(画像:JR九州)

国交省は3月、河川や道路などの公共事業との連携の可能性も含めた復旧方法及び、復旧後の肥薩線の在り方などについて検討するため、「JR肥薩線検討会議」を立ち上げた。JR九州は23日の概算復旧費発表の中でも、同会議に参画し、検討を行うとしている。

<鉄道チャンネル 関連記事>
恐るべき水の力【木造駅舎コレクション】066
https://tetsudo-ch.com/11580803.html


LINEで送る

オススメ記事