飯田線 七久保駅【木造駅舎カタログ】16/370

2022.04.29

※2022年3月撮影

トップ画像、JR東海飯田線七久保駅。駅前にスペースは無く駅舎は直接道路に面しています。

言い換えれば、駅舎正面はカメラの引きしろが足りないので全体を撮ることができません。

※2022年3月撮影

どうにか駅舎全体を画角に収めるのはこの辺りが限界です。しかし、アルミサッシの窓がいささか感興をそぎますが、シンプルな木造駅舎は魅力的です。

※2022年3月撮影

駅出入口。建物資産標には「鉄 03-6001 T.07.12」と記載されていました。昭和に改築されている様ですがハッキリした建築年月日は不明です。外装は新建材で覆われているので古さは感じません。屋根の瓦は全体にネットが掛けられていました。修理をするのでしょうか?

※2022年3月撮影

道路標識が一部入ってしまいました。駅舎の前はT字路、右に丸七旅館、左は清涼飲料水の自動販売機が並ぶ商店がありました。

※2022年3月撮影

右側は待合室です。無人駅。駅舎の半分以上、元事務室部分が使われていないのはもったいない気がします。

※2022年3月撮影

駅舎は、下りホームに接しています。上り列車は島式ホーム側に停まります。豊橋駅側に構内踏切がありました。

※2022年3月撮影

フェンス越しに上りホームの駅名標が見ています。奥に赤石山脈(南アルプス)が見えます。反対の背中側には、木曽山脈(中央アルプス)があります。伊那谷は、両側を高い山々に挟まれているのです。何とも長閑な空気。

ゼロ磁場のパワースポットとして一時期テレビなどでも取り上げられていた「分杭峠」が見えているのかな、と思いましたが、地図で確認するともっと北、飯田線田切駅の東側辺りです。伊那市の分杭峠の案内

※2022年3月撮影

七久保駅は、1918年(大正7年)伊那電気鉄道が開業しました。1943年(昭和18年)に国有化され飯田線の所属駅になります。1987年(昭和62年)国鉄分割民営化でJR東海に継承されました。

※駅などについては『JR全線全駅』(弘済出版社/1997)、『週刊朝日百科 JR全駅・全車両基地01-60』(朝日新聞出版/2012-2013)『長野県鉄道全駅 増補改訂版』(信濃毎日新聞社/2011)他を参照しています。

※鉄道撮影は鉄道会社、鉄道利用者、関係者などのご厚意で撮らせていただいているものです。鉄道を撮影する時は感謝の気持ちを伝えましょう。ありがとうございます。

(写真・文章/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事