上杉柊平が趣味ない芸人オズワルドに DIY を伝授! CLUB JT で公開、インタビューや彼らの作品プレゼントも!

2022.04.27

モデルとして活動するほか、趣味を超えたDIYや自宅のリノベーションを紹介する公式YouTubeチャンネル「上杉柊平の3rd Place」でも注目を集める、上杉柊平―――。

そんな上杉柊平が、「CLUB JT」内の「あのひともおうちでwith」特設ページで、趣味がない芸人 オズワルド 畠中悠・伊藤俊介の2人に、DIYによる小物・アートづくりを教えているぞ!

この「あのひともおうちでwith」コンテンツは、「プルーム・テック・プラス・ウィズ」といっしょに楽しめる「おうち趣味」にフォーカス。

この「おうち趣味」スペシャルムービーにあわせ、上杉柊平流のおうち時間の楽しみ方に迫ったインタビューも公開中だから、いますぐチェックだ↓↓↓
https://ploom.clubjt.jp/tech/ouchiploomers/

オズワルド、自虐ツッコミと独特なポージングでスタート

スペシャルムービー 導入編では、楽屋でくつろぐオズワルドに“おうち趣味”を見つけてほしいと伝えると、オズワルド畠中が「オズワルドといったら、おうち趣味みたいになってますからね」と……。

続けてオズワルド伊藤も「おうち趣味のコンビになってるんで」と、“おうち趣味”がオズワルドの代名詞になりつつあると語る二人。

第一弾で挑んだスパイスカレーづくりはハマったらしk,「もう間もなくスパイスが手に入る」と語り、おうちでつくる準備をすすめているとか。

第二弾となる今回も「がんばりたい」と意気込む二人に「いい趣味みつけるぞ!」の決め台詞とオリジナルポーズを求められ、オズワルド伊藤が「一番動きに弱いコンビですよ」と自虐ツッコミながら、独特なポージングを披露。

そして何の“おうち趣味”に挑むのか知らされないまま、二人は“おうち趣味”の達人のもとに……。

https://ploom.clubjt.jp/tech/ouchiploomers/su_spmovie/

初対面ながら「ちょび髭仲間」とすっかり意気投合!

本編ではまず、上杉柊平がレジンを使った小物づくりや、液体の絵の具の流動性を使って描くフルイドアートづくりを通して、DIYの楽しさをオズワルドに伝授。

さっそく上杉柊平が DIY の略について聞くと、オズワルド伊藤が「(D)どうにか、(I)一生懸命、(Y)やろう」と真顔で答え、思わず笑い転げる上杉柊平。

初対面ながら「ちょび髭仲間」とすっかり意気投合したところで、レジンの小物づくりがスタート。

作品をより魅力的にするためのテクニックも優しく教える上杉柊平。オズワルド伊藤の大胆な色使いには「スピリチュアルでいいですね~」とコメントし、オズワルドがどんどんオリジナリティを発揮していくシーンにも注目。

オズワルド畠中のひと言でフルイドアートに挑戦することに……

それぞれがコースターづくりを終え、一呼吸。オズワルド畠中が「実は自分の部屋に色が無くて寂しいと思っていた」と口にすると、上杉柊平から“フルイドアート”の提案が……。ってことで、フルイドアートに挑戦することに。

カップの中に使いたい色を混ぜていく工程では、「色は考えて選ばない方が面白い」と、アートの醍醐味を語る上杉柊平。

二人の力作に、思わず「惑星ですね」と声をかけるシーンも。床に落ちたインクを手ですくい上げるオズワルド畠中や、「俺の証」とキャンバスにパンチで手形を入れるオズワルド伊藤。“何でもアリ”なDIYに……。

満足のいく作品が完成し、DIYを「家でもやりたい」と語るオズワルド。今回の作品を視聴者プレゼントにすることを告げられると、愛着の湧いた自分の作品と離れることに、寂しげな表情。

最後に、オズワルドの2人が意味不明!? いや意味深な、思わず「なーるほどー」と唸ってしまうセリフがあるけど、そこは動画を見てのお楽しみに。本編は「CLUB JT」会員限定での公開だから、気になる人は会員登録を!!
https://ploom.clubjt.jp/tech/ouchiploomers/su_spmovie/

今回の作品を2期に分けてプレゼント!

また、オズワルドが手づくりした作品を、期間を分けてプレゼントするキャンペーンも実施。

本編動画を視聴すると分かる、DIYにまつわるクイズに答えた人から抽選で、第1弾ではレジン小物入れ・レジンコースター、第2弾ではフルイドアートをプレゼント!

応募資格や応募期間は下記のとおり。気になる人は公式サイトとあわせてチェックだ↓↓↓

・応募資格
「JT ID」をお持ちの満20歳以上のご本人様で、賞品のお届け先(現住所)日本国内の方に限らせていただきます。
・応募期間
第1弾:2022年4月27日(水)~5月26日(木)
第2弾:2022年5月27日(金)~6月30日(木)
・賞品
第1弾:オズワルドオズワルド伊藤作成 レジン小物入れ(1名)、オズワルド畠中作成 レジンコースター(5名)
第2弾:オズワルドオズワルド伊藤作成 フルイドアート(1名)、オズワルド畠中作成 フルイドアート(1名)

そしてここからは、上杉柊平とオズワルドに特別インタビュー! 撮影時の裏話や、今年度挑戦したいことなどについて語りました。

上杉柊平「撮影中は笑いをこらえるのに必死でした」

――撮影時に印象に残ったエピソードについてお聞かせください。

フルイドアートがもはやフルイドアートの域を完全に越えていたことです。オズワルドのお二人はテレビでずっと見ていたので、撮影中は笑いをこらえるのに必死でした。

――「そのおうち趣味、真似していいですか」のキャッチコピーにちなみ、上杉柊平が真似したいと最近思ったモノ・コト・アイデアなどについてお聞かせください。

真似したいという言い方でいいのか分からないですが、今年は自身の怠惰な部分を改善したいと思っている年なので、筋トレを始めました。

――おうち時間を過ごす人に向けて、メッセージをお願いします。

DIYはやっている最中はもちろん、完成品を部屋に飾ったり、使うことができて、おうち時間のさらなる充実につなげられるので、ぜひ気張らず挑戦いただけたらなと思います。

オズワルド「なにをしても「それも正解」みたいな感じで誉めてくれる」

――撮影時に印象に残ったエピソードや苦戦した点についてお聞かせください。

伊藤)なにをしても「それも正解」みたいな感じで誉めてくれるので、実は本当に才能あるんじゃないかと錯覚させられました。

畠中)大きい丸テーブルも自作だと聞いて驚きました。すごくカッコ良かったのでちょっとつくってみたいと思いました。

――今回つくった作品に命名するとしたら、どんな名前を付けられますか?

伊藤)「無色」です。めっちゃセンスありそうな名前だからです。

畠中)「希望」。 

「プルーム・テック・プラス・ウィズ」は、低温加熱型の加熱式たばこ用デバイス。

たばこのにおい無臭レベルで、健康懸念物質約99%オフ。好きなことをして過ごすおうち時間を、より自由に愉しめる。

おうちで過ごす時間を、「プルーム・テック・プラス・ウィズ」と愉しむことで、もっと自分らしいひとときになる。「おうちでwith」はそんな新しいおうち時間を提案している―――。